本文へ移動

熊本大会実施計画

第75回指定都市小学校長会研究協議会 熊本大会実施計画

1 大会名称   第75回指定都市小学校長会研究協議会 熊本大会
2 大会主催   指定都市小学校長会研究協議会 熊本市小学校長会
3 後  援   熊本市教育委員会
       (公益財団法人)日本教育公務員弘済会 熊本支部
       (公益社団法人)日本教育会    公益財団法人日本教育公務員弘済会熊本
4 大会趣旨   大都市が直面する教育上の諸問題並びに将来の展望についての調査研究と
         情報交換を推進し、指定都市小学校教育の充実・発展に資する。
5 大会主題    『予測困難な時代の大きな変化に対して 柔軟に対応する学校経営』
6 熊本大会の基本方針
 本大会において、研究協議会・話題別情報交換会の運営等、研究協議全般にかかわる基本
 方針として、以下の事項を設定する。
 
(1)大会主題の焦点化
  ① 大会主題に基づく研究協議を行い、協議の焦点化を図る。
  ② 発表原稿には、「大会主題との関連」「校長会としての取組」「大都市としての施策」
    の3つの項目を設定し、大会趣旨及び大会主題とのつながりを明確にする。
  ③ 大会要項後半に調査アンケートの集約結果を掲載し、研究協議等において活用を図る。
 
(2)大会運営上の留意点
   代表理事会を、従前どおり午後の開催とする。
 
(3)グループの編成と研究発表
  ① 参加する都市を3グループに編成する。
  ② 各都市は、研究協議会を通じて実践の発表を行う。
  ③ 今回の研究協議会の第1~3分散会の発表都市はCグループ、第4~6分散会の発表
    都市はAグループとする。
   なお、Bグループは、 従来交流会で各都市紹介を計画しておりましたが、本年度は交流  
   会が中止となりますので、都市紹介はありません
  ④ グループ分けは、以下のとおり。
グループ
指定都市名
都市数
A
新潟市、東京都、川崎市、静岡市、堺市、岡山市、北九州市
7都市
B
仙台市、千葉市、相模原市、浜松市、京都市、大阪市、福岡市
7都市
C
札幌市、さいたま市、横浜市、名古屋市、神戸市、広島市、熊本市
7都市
(4)研究協議会(熊本大会)の充実
① 大会主題「予測困難な時代の大きな変化に対して 柔軟に対応する学校経営」のも 
  と、研究協議を通して各都市小学校が直面する諸課題を含め、指定都市小学校長会と 
  しての具体的取組を発信していく。情報交換や課題の共有を通して、各都市小学校長
  会の活性化と各校の学校経営充実を目指す。
   また、校長は、時代を拓き、変化に対応した教育を充実させるとともに、教育の不
  易をしっかりと捉え、明確な指針をもってリーダーシップを発揮する必要がある。新
  たな教育課題について、情報交換し、各校の課題への対応力向上を図りたい。
② 研究協議会は6つの分散会で構成し、どの分散会も発表は2~3都市とする。研究
  協議会は80分で、1都市につき発表10~15分を目安とし、その発表をもとに研究協
    議を行い、協議内容を深める。(オンラインによる開催)
③ 会長会は、研究協議会(2)と同時に行い、情報交換を進める。話題については、
 都市の現状や具体的取組等について情報交換する。
   ④ 全体研究会は、熊本城管理事務所長 網田龍生氏の教育講演を通して熊本城の復興
    状況をお伝えするとともに研究主題を深め、今後の創意ある学校経営の参考とする。

★ 11月5日(金) 午前の部 〇 研究協議会(1)(2) 〇 会長会

     ※ 研究協議会(1)の提案に向け接続等の準備を行います。
​     ※ Zoomによるオンライン会議(8:30 ~ 9:00)入室 できます。
 研究協議会(1)(2)では、大会主題との関連等から各都市校長会の実践、取組をもとに協議を深める。

※ 研究協議会(1)(2) (オンラインによる中継) 
 ア 研究協議会で発表する都市は、大会主題と研究協議題を踏まえ発表テーマを設定する。  
 イ 各都市の提案時間は10~15分を目安とする。
 ウ 各分散会にて協議を行う。司会・記録等は、熊本市が行う。

◇ 研究協議会(1)

グループ
研 究 協 議 題
担当指定都市
9:00
10:20
 (80分)
<第1分散会> 「学校経営上の諸問題」
 熊本  広島
 名古屋
<第2分散会> 「教育課程編成上の諸問題」
 神戸  札幌
<第3分散会> 「人権教育上の諸問題」
 さいたま 横浜
  《 休 憩 
     ※ 研究協議会(2)の提案に向け接続等の準備を行います。
​     ※ 会長会に向け接続の準備を行います。 
               ※ Zoomによるオンライン会議 (10:25 ~ 10:40)入室できます。 

◇ 研究協議会(2)

グループ
研 究 協 議 題
担当指定都市
10:40
12:00
 (80分)
<第4分散会> 「特別支援教育上の諸問題」
 堺   川崎
<第5分散会> 「生徒指導上の諸問題」
 東京  岡山
<第6分散会> 「学校・家庭・地域連携上の諸問題」
 新潟  北九州
 静岡

◇ 会長会

10:40
12:00
(80分)
指定都市小学校長会会長による情報交換を行う。
研究協議会(2)と同時に行いますので、会長の皆様は会長会にご参加ください。
司会、記録等は、熊本市校長会で行います。
  《 休 憩 
     ※ 全体研究会に向け接続等の準備を行います。
     ※ Zoomによるオンライン会議 (13:00 ~ 13:30)入室できます。

★ 11月5日(金) 午後の部 開会式・全体研究会(教育講演会)・閉会式

開会式 (オンライン中継) 13:30 ~ 14:00

    〇 開式のことば
    〇 国歌清聴
    〇 大会会長挨拶     大会会長 森 恵一
    〇 来賓祝辞       熊本市長
                 熊本市教育委員会教育長
                 全国連合小学校長会会長
    〇 来賓紹介・祝電披露
    〇 熊本大会趣旨説明
    〇 閉式のことば

教育講演会(オンライン中継) 14:15 ~ 15:30

  ① 教育講演をもって全体研究会とする。
  ② 網田 龍生 氏を講師とし、教育講演を行う。 (オンライン中継)
  ◇ ホスト場所 : 熊本市教育センター
時  間
内      容
14:15
 ~
15:30
(75分)
  14:15~ 14:20 開会の言葉、講師紹介
 
  14:20~15:25 教育講演
   演 題  「熊本城の被災と復旧」
  講 師  熊本城総合事務所 所長 網田 龍生 氏
  《講師プロフィール》
     網田 龍生(あみた たつお)
     1964年、長崎県生まれ。熊本大学文学部史学科卒。
     現在、熊本城総合事務所 所長
     ※ 震災からの復興プロジェクトのリーダーとして、2037年度の
       完全復興に向け尽力されています。
 
 15:25~15:30 お礼の言葉、閉会の言葉

閉会式 (オンライン中継)   15:30 ~ 15:45

  〇 開式のことば
  〇 大会会長挨拶     大会会長
  〇 大会宣言採択     大会実行委員長
  〇 次期開催都市挨拶   新潟市小学校長会長
  〇 閉式のことば

★★ アンケート調査の活用

(1)研究協議会、話題別情報交換会を活性化させるための資料として、「調査A」「調査B」
        のアンケート調査を行う。
(2)「調査A」は、「教育施策」に関する調査内容とする。
(3)「調査B」は、大都市の学校が直面する教育上の諸問題、実態把握及び具体的取組、
   話題別情報交換会等の資料として活用する。
(4)各データは大会要項に記載する。
熊本県小中学校長会
〒862-0950
熊本県熊本市中央区水前寺3-30-31
TEL.096-384-3242
FAX.096-384-7409
TOPへ戻る